デリケートゾーンのカンジダ膣炎を予防する方法

デリケートゾーンのカンジダ膣炎を予防する方法

私たち人間の体には「カンジダ菌」という常在菌が住み着いています。

この菌は普段はおとなしいですが、湿気が強くなったり、免疫力が落ちたりすると繁殖しやすくなります。
カンジダ菌が増えすぎるとかゆみや様々な病気をひきおこす原因になります。
中でも、デリケートゾーンのポピュラーな病気が「カンジダ膣炎」です。

カンジダ膣炎の主な症状はデリケートゾーンのかゆみやおりものの変化です。
おりものがいつもより多く、白くてぼろぼろした固形のものになった場合はカンジダ膣炎になっている可能性が高いです。
デリケートゾーンは蒸れやすく、換気されにくい箇所なのでそのぶんカンジダ菌も増えやすいです。

しかし、デリケートゾーンをキレイにすることでカンジダ膣炎を予防できます。

お手軽な方法としてはデリケートゾーン用のソープを使うのがおすすめです。
特にタンニンやカテキンなどが入っているものを選べば抗菌、殺菌効果が期待できます。

デリケートゾーンを洗った後はシルクやコットン製の下着を履いたり、スカートを履くなどしてデリケートゾーンの換気を良くしましょう。
また、トイレに行ったついでに保湿クリームを塗ったり、ナプキンをこまめに取り換えるのも菌を繁殖させにくくします。

このように普段からケアしておくことで膣カンジダを防げますが、もし発症してしまったらすぐに婦人科や産婦人科で検査を受けましょう。